先日、豊中高校の生徒が「小テスト満点だった!!」と嬉しそうに報告してくれました。

え?それってそんなに喜ぶこと?

はい!二人で喜びあいました。その理由は、彼女は入学当初英語がとても苦手でした。英語が苦手なのでので、授業に付いて行けない状態でした。その彼女が英語の文法のテストを満点取れたのは、彼女がしっかり成長した証です。毎週、授業日以外に呼び出して二人で、何問も何問も問題を説いてひたすら演習を繰り返しました。本当によく頑張ったと思います。

進学校の辛さ

豊中高校は大阪市内でも上位に属する進学校です。だから授業のスピードがとんでもなく早い。現在の2年生が学校で受け取った問題集「システム英語長文」は、本来単語が800個、熟語が400個、英語長文の文法を覚えている状態でやっと文章が読めるレベルの問題集です。(正直2年生の1学期にやるレベルではないと思います)

このレベルに付いていくには、しっかり勉強をする習慣がないと授業に付いていけません。しっかり、毎回の授業の復習をしっかりして、是非楽しい高校生活を謳歌して下さいね!